福利厚生

  • HOME
  • 働く環境
  • 福利厚生

出産・育児・介護・転勤などをサポートする制度

配偶者出産時の有給休暇
(セルフマネジメント休暇)
配偶者が出産する場合、最大で10日間の有給休暇を取得することができます。
産前産後休職
産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間以内)、産後8週間取得可能です。産前産後休職期間中は支援金が支給されます。
育児休職
勤続1年以上の社員について、子が2歳に達するまで取得可能です。
育児短時間勤務
子が小学校3年生の学年末に達するまで、取得可能です。1日の所定労働時間は5時間・6時間・7時間の3パターンより選択することができます。
育児時間
生後満1年に達しない生児を育てる女性社員は、休憩時間のほか、1日2回各々30分間、育児時間を取得できます。
ベビーシッター利用補助
社員が就業するためにベビーシッターサービスを利用した場合は、会社から補助を受けることができます。
介護休職
勤続1年以上の社員は、家族が要介護状態である場合、最長12ヵ月間を限度として取得可能です。
介護短時間勤務
利用開始から36ヵ月の間で取得可能です。
1日の所定労働時間は5時間・6時間・7時間の3パターンより選択可能です。
配偶者の転勤に伴う休職
勤続3年以上の社員について、配偶者の国内外への転勤によりその転勤先へ転居する場合、最長2年間取得可能です。
MR結婚・出産時同居支援制度
勤続3年以上のMR職の社員が、結婚または子の出生といったライフイベントを迎えた際に、配偶者と同居下で就業することを支援します。
ファミリーサポート手当
扶養する22歳未満の子、要介護者の家族、扶養する70歳以上の本人・配偶者の実養父母、扶養する重度障害者をもつ2親等以内の親族を対象に支給されます。
リターン雇用制度
結婚、出産、育児、配偶者の転勤、家族の介護、本人の傷病を事由にやむを得ず自己都合退職をする方を対象に、社員の再雇用を可能にする仕組みです。

休暇

年次有給休暇
毎年20日間の有給休暇が付与されます。(年次有給休暇の有効期間は2年間)
セルフマネジメント休暇
自身の心身の状態や私生活でのイベントを自らマネジメントし、ベストコンディションで業務を遂行していく状態を主体的につくることを目的として、毎年10日の有給休暇を付与します。私傷病、育児、介護、ボランティア等の事由で取得可能です。
時間単位の年次有給休暇
付与された年次有給休暇のうち、3日分(所定労働時間が7時間40分は24時間分)は1時間単位で取得することができます。
半日年次有給休暇
年次有給休暇は、半日単位で取得することができます。

その他

社宅・寮
自宅から通勤できない勤務地に配属・転勤になった場合に貸与されます。
社会保険
健康保険、介護保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
各種財形・融資制度
一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄、財形持家転貸融資があります。
従業員持株会
自社株を1口1,000円から購入することができます。
(口数に応じて会社から奨励金の支給があります)
キリングループ福祉会
キリングループの従業員(会員)から集められた会費を財源にして運営されています。慶弔慰・見舞金給付、遺児育英年金給付、医療助成金給付、ホームヘルパー制度、共済融資などがあります。
レクリエーション補助
社内で企画されたレクリエーション活動に対する補助金制度があります。
福利厚生充実プラン
宿泊施設やスポーツクラブなど、様々な福利厚生メニューを会員価格で利用することができます。
GLTD(団体長期障害所得補償保険)
万が一病気やケガで働けなくなったとき、社内制度終了後のセーフティーネットとして、会社負担の所得補償保険に加入しています。