営業本部 業務グループ

保健医療経営学部
2014年入社

現在の仕事内容は?

支店の業務グループにて経費担当に所属しており、支店全体での様々な経費に関する業務を担当しています。具体的には、①MR(医薬情報担当者)からの事前に申請が必要な経費の問い合わせ対応や、その申請データが、関連法規、営業本部細則等、コンプライアンス上、問題のない入力をされているかのチェック、②講演会や社内教育、製造販売後調査(PMS)の謝礼振込処理、③講演会や学会のプログラムに掲載する広告紙型の手配、④営業所に訪問しMRに向けて、社内ルール違反を防ぐための研修、⑤支店内の営業所を訪問し、備品などの実査、また、精算データの分析を行っています。

入社理由は?

私は生まれつき、足に障害を持っており、幼いころは病院へ何度もリハビリに通っていたことや両親が病院や薬局で働いており、漠然と医療関係の仕事に就きたいと考えていました。協和キリンに入社した理由は、高校生の頃から皮膚疾患を患っており、協和キリンの薬剤を服用していたこと、研究開発においての4つの重点カテゴリーのひとつに「免疫・アレルギー」があり、自分が苦しんでいた分野の医療の発展、同じような症状に苦しんでいる全世界の患者さんへ薬を届けることに間接的にでも貢献することができると考え、入社を決めました。

最も印象的な仕事は?

新しい経費申請・精算システムの導入に携わったが最も印象に残っています。システム導入に携わるのは入社してから初めての経験でした。ただ導入日まで時間がなく、全支店で分担されたマニュアルを作成しながら、自身も操作方法を覚える必要があり苦労したことを覚えています。 知識を習得するためにテスト環境にて何度も操作方法を試し、試行錯誤しながら新システムのイメージをつかみました。その結果、同じ内勤部門のメンバーに勉強会を開催できるまでになり、また、効率的な入力方法や設定をMRや他支店へ共有できたことで、新システム定着に少しでも貢献できたと考えています。

目下取り組んでいる挑戦は?

支店経費担当として、公正競争規約やそれに基づいた社内ルールをMRに周知する仕事をしており、これまでは電話での問い合わせ対応を中心に行っていましたが、現在は説明資料の作成や、営業所においてMRに対し研修する業務も担当することになりました。
まだ不慣れで、誰もが納得できる資料を作成するのに苦慮したり、上手く説明が伝わらなかったり苦労しているところです。
今は、実際に受講するMRからの意見を取り入れたり上司から意見を聞いたりし、どのように伝えたらMRに理解しやすく、且つ間違いのない仕事ができるかを考えながら資料作成しております。今後もMRが気持ちよく仕事ができるよう、研修に取り組んでいきたいと考えています。

目指すキャリアは?

入社してから業務グループ経費担当に配属され、数年が経ちましたが、MRからの問い合わせに対して、まだまだすぐに回答できないこともあり、先輩に聞いたり資料を調べて回答することが多い状況です。仕事のスピードと質を高め、知識を多く習得し、いち早く問い合わせを対応し判断していく必要があると考えてます。そして今後は担当の経理業務だけでなく、総務などさまざまな業務を経験し、多岐に亘る業務に精通することで会社全体に貢献していきたいと考えています。そして、最終的には人事系の仕事に就き、障害の有無に関わらず、社員全員が働きやすい環境作りに貢献していきたいと思います。

コーポレートスタッフ職の社員たち

※社員の部署・役職は取材当時のものです。