求める人材像

  • HOME
  • 採用情報
  • 求める人材像

「チャレンジし続け、新たな価値を創造する。」

鳥居 義史

執行役員 研究開発本部長

鳥居 義史

当社は、抗体医薬、低分子医薬を含む多様なモダリティを駆使し、当社の強みを生かした創薬によってアンメットメディカルニーズを満たす医薬品を提供することを目指しています。国内外の研究拠点との連携はもちろん、大学や研究機関とのネットワークを活用したオープンイノベーションやトランスレーショナルリサーチにおける連携を強化し、メガファーマにできないイノベーションを生み出す環境作りに注力しています。

創薬研究は長い時間を必要とします。「この分野では負けない」という専門性を追求し、 長く続ける意志と、ぶれない夢を持ち続ける強い情熱と信念が研究者には欠かせません。一方、専門性の枠にはまらずマーケットまでを見通す視野の広さ、たとえば市場のニーズを踏まえて臨床の病態理解を深め、常に新しい情報にアンテナを張って方向修正することも必要です。そして、失敗からも多くのことを学びながら、チャレンジし続け、セレンディピティをも呼び寄せ、最終的に困難な状況を乗り越えて行く突破力こそが、医薬品創出への可能性を大きく開きます。

研究職データサイエンティストには、社内外のデータを積極的に活用し応用展開していくことで、新しい価値を創造し、研究開発を加速化していっていただくことを期待しています。データハンドリングへの熱意はもちろんのこと、創薬研究上の課題をデータと重ね合わせて俯瞰できる視野の広さ、データ面から課題解決につながるストーリーを創出できる企画力が求められます。また、創薬は1人で出来るものではないため、データを駆使した新たな創薬の形を具現化するための能力が必要です。創出したストーリーを磨き上げるために様々なバックグラウンドを持つ研究者を巻き込む力、さらにはデータを活用した創薬研究を力強く推進する自ら切り拓く力、などがデータサイエンティストには求められます。

研究開発本部では、2025年R&Dビジョンを達成するためのR&D部門ならびにR&D部門一人ひとりのあるべき姿、ありたい姿を表すR&D Spiritsを策定しています(R&D Spirits:「Be the Best in Science」「Passion for Innovation」「Every Challenge,a Step to Success」「This is me.This is our team.」)。そして、このR&D Spiritsを実現し、会社と社員がお互いにコミットして成長をし続けるために、海外の仲間も含め、現場の研究員や、臨床開発担当者の意見に耳を傾けて、期待や想いの詰まったHuman Resource Management Policy in R&D(以下、HRマネジメントポリシー)を作成しています(下図)。病気と向き合う全ての人々の笑顔のために、社員一人ひとりに大切してほしいこと、最前線で働くメンバーが思う存分力を発揮するために、組織・マネジメントが果たすこと、こうしたお互いへの約束事がHRマネジメントポリシーです。医薬品開発の成功の可能性を信じ、お互いの約束を果たすべく、日々果敢に挑んでいます。

研究職は、一から薬の価値を生み出すことができる重要な役割を担っています。そして研究職データサイエンティストには、広がりを見せる医療関連データを駆使して、創薬のパラダイムシフトを起こしていく使命があります。私たちと一緒にチャレンジし続け、新たな価値を創造し、会社と社会の将来を担う人財となっていただくことを、大いに期待しています。

Human Resource Management Policy in R&D

  • 社員に大切にしてほしいこと

    Be the Best in Science(サイエンスで負けない)

    自らが研究開発活動の最前線に立ち、妥協することなく、世界で戦える高度な専門性を極める

    Passion for Innovation(イノベーションへの情熱)

    自らに限界を作らず、品質とスピードを両輪に新しい価値の創出に突き進む

    Every Challenge, a Step to Success(挑戦なくして成功なし)

    自ら考え抜いた後は、目先の結果に左右されず、いかなるリスクも恐れずに成功を信じて踏み出す

    This is me.This is our team.(多様な個性が輝くチームになろう)

    自ら考えを発信し、オープンマインドで互いに尊重しあいながら、コンストラクティブコンフリクトを重ねて、より良い解を導き出す

  • 最前線で働くメンバーのために
    組織・マネジメントが果たすこと

    • 仕事の価値、目指す姿を相手が理解・共感し、行動するように責任をもって説明する
    • ポジティブな情報だけでなく、想定と異なる情報も提供を促し、公正に受け止め適切な判断につなげる
    • スピード感をもって研究開発を進め、品質に懸念がある場合は、躊躇なくブレーキを踏む
    • メンバーの主体性を尊重し、大胆に判断を委ね、一度任せたら最後まで全力で支援する
    • 未来を切り拓くチャレンジを称賛し、失敗してもそれを糧として、共に学び、次のチャレンジを促す
    • 議論を尽くして組織内外の壁を率先して取り除き、タイムリーかつ透明性のある意思決定を行う
  • 創薬研究

    長い研究期間に耐えうる信念と突破力を持ち、視野を広く研究に取り組むことが必要です。

  • データサイエンティスト

    創薬研究における課題を俯瞰できる視野の広さ、課題解決につながるストーリーを創出できる企画力、ストーリーを磨き上げるために周囲を巻き込む力、さらにはデータ活用を力強く推進する切り拓く力が必要です。

「世界トップレベルの技術を、さらに進化させる。」

金井 文彦

執行役員 生産本部長

金井 文彦

日本国内では医療費抑制に向けた取り組みが進んでおり、協和キリンもグローバル展開をこれからますます加速させていく必要があります。ジェネリック医薬品の拡大もあり、新薬をつくる私たちは新しい付加価値を生み出していかなければいけません。バイオ医薬品はこの10年間で飛躍的にその重要性が高まっており、協和キリンが培ってきたバイオ医薬の技術が世界の人々の健康に大きな役割を果たす可能性はどんどん大きくなっています。核酸医薬や合成医薬においても優位性の高い技術があり、それらを活用した新しい価値の創造も期待できます。

生産本部の仕事はいわゆる「モノづくり」の分野です。研究開発本部が「何を創るか」を探索するのに対し、生産本部はそれを「どうやってつくるか」を追求します。有望な新薬の種が見いだされても、高品質な製品を安定かつ効率よく生産するプロセスを確立しなければその価値を発揮することはできません。また、製剤化の技術を常に磨いて製品の価値を高めていくことも重要です。常に変化する市場からの要求に対応し、技術を常に進化させていくことが生産本部の使命です。

協和キリンはバイオ医薬品について世界で十分競えるだけの技術力を有していますが、バイオの世界はまだまだわかっていないこともたくさんあります。だからこそ探究心は不可欠です。新しい技術を完成させるためには何度も大きな壁を乗り越えなければいけませんが、あきらめずに追究を続けていく信念を持った人材を必要としています。

複雑化する市場のニーズに対応した画期的な製品を自社の技術だけで作り出すことは難しい時代です。外の世界とつながりを持ってバランス良く技術を確立していくことも大切です。過去の方法にとらわれない柔軟な発想を持った人こそ、今後の協和キリンを支える人材になりうるのです。

技術力で世界と競争するために変革の意志とチャレンジ精神を忘れずモノづくりの進化と深化を極め続ける。

「高品質な医薬品を、安定的に患者さんへ届ける」

執行役員 生産本部長

金井 文彦

執行役員 品質本部長

高松 博記

創薬研究、開発研究の長い道のりを経た医薬品を、高品質かつ安定的に患者さんに届けることが生産活動における重要なミッションです。国内2か所の工場には医薬品の製造管理および品質管理に関する国際的な基準に基づいた最新の製造設備や分析機器を備えています。原薬から製品まで、世界各国の規制に対応したグローバル品質の医薬品を製造し、国内外へと供給しています。

モノづくりはサイエンスに立脚しています。生産活動を長く続けていく中では数々の課題に直面しますが、全てサイエンスに基づいて解決していく必要があります。サイエンスで一番大切なことは、事実やデータに対して忠実であることです。そしてもちろん、レギュレーションや社内外の基準・規則全てに対して正直であること、すなわちIntegrity(誠実さ)が何よりも大切だと私たちは考えています。

製造部門における技術系総合職は、製造に関わる様々な部署を巻き込んで課題を解決していく仕事です。課題に対して事実を突き止める感性とサイエンスの知識が必要ですが、それだけではなく、論 理的な説明で理解の輪を広げ、多くの人を巻き込み、共に行動することで初めて、結果に結びつきます。自らの頭脳をフル回転させ、行動力・巻き込み力を発揮することを期待される、やりがいのある仕事です!

品質部門は、プロセス設計、試験検査、品質保証、リスク管理などの活動を通して、製造部門などと一緒に、医薬品および業務そのものの品質を担保し、これを向上させていく機能をもっています。 これには、科学的な知識や経験に基づき、論理的に物事を分析して判断する事が必要となります。生物化学、薬学などの専門知識だけでなく、日頃から身の回りの現象をロジカルに整理して理解する姿勢が大切です。 また、品質上の懸念をいち早く察知できる感性をもっていること、患者さん第一の視点で勇気をもって是々非々を発言し、必要な改善に情熱を傾けることのできる人間力が求められます。

高品質な医薬品を安定的に患者さんに届けることは製薬企業の責務です。協和キリンの屋台骨である生産に関わる技術系総合職では、製造部門、品質部門それぞれにおいて、Integirity(誠実さ)を大切にし、常に患者さん第一の視点でより良い生産活動を追求しています。情熱と信頼で人を動かすことが出来る人材こそ、今後の協和キリンを支える人材となり得るのです。

  • 知識:何が正しいのかの判断基準
  • 論理的思考:問題点を解析し、根本原因を明らかにする
    解決に必要なリソース、ステップを組み立てる
  • 感性:好ましくないことを検出し、可視化する
    患者、顧客のvalueを最も大切にする
  • 人間力:正義、明朗、辛抱強さ

「患者さんの笑顔のために。」

佐藤 光男

執行役員
メディカルアフェアーズ部長

佐藤 光男

メディカルアフェアーズの活動は患者さんにより多くの笑顔を届けること、患者さんにとっての医薬品の価値を最大化することを目的としています。そして、そのための活動は医薬品が発売される前からすでに始まっています。例えば近年多く開発されている希少疾患を対象とした医薬品の場合、その疾患自体が希少であるため疾患自体の認知が十分でなく、治療実態も明確でないことが多いため、疾患に関する研究や啓発が必要となります。また開発段階の治験は限られた患者さんを対象に実施するため、治験において得られる情報では不足する情報についても、承認前の段階から準備し、エビデンスを創出していく必要があります。しかしどのような情報やエビデンスが必要なのかは必ずしも明確ではなく、多くの情報の分析や医療関係者との情報交換を通じて明らかにしていく必要があり、そのための洞察力が必要です。

まだ、どのような情報やエビデンスが必要か明らかになった後、それをどのように分析し、取得していくのかについては、きちんとした計画を立て、それに基づいて科学的に妥当な結果を得て、それを速やかに届けることが必要です。このためには一連の活動を、患者さんの視点に立って、誠実に実行していく能力も求められます。 更に、医薬品の販売は日本のみならずグローバルで行われているため、一連の活動も場合によっては世界中の仲間と協力しながら行うことが求められます。また、メディカルアフェアーズのみならず、他の部署の関係者、更には社外の医療関係者などとの協力も大切で、様々なステークホルダーと適切な協力関係を築くことができる力も必要な能力の一つとなります。

患者さんに必要なことを鋭く洞察し、それを実現するために多くのステークホルダーと協力しながら、誠実に活動できる方を求めています。

「チャレンジし続け、新たな価値を創造する。」

鳥居 義史

執行役員 研究開発本部長

鳥居 義史

医薬品開発の仕事は同じ局面がひとつとしてありません。単に臨床試験を繰り返すのではなく、創意工夫を積み重ね、戦略的な視点を持って開発品目の個性を引き出すことが重要です。誰がやっても同じ結果になるというものではありません。それゆえに「自分で考え、行動する力」は欠かせないのです。そして、各分野の専門性を有するメンバーがグローバルに協調しながらもスピード感を持ち、チーム一丸となって誠実に粘り強く開発を進めています。さまざまな困難を乗り越えて、新しい薬を生み出した時の喜びは格別です。自分だからこそ、付加価値の高い、患者さんに喜ばれる薬を出すことができたと胸を張れたら、最高でしょう。臨床開発の醍醐味はここにあります。

そして、医薬品を新しく生み出すためには、実験や臨床試験から得られるデータをもとに、化合物の安全性と有効性を科学的に示さなくてはなりません。計画に基づき適切にデータを収集し、管理し、科学的に評価する、この一連の活動にデータサイエンスのメンバーが関わっています。データを適切に扱うことのできる人材が医薬品開発の現場には不可欠なのです。当社にはデータサイエンスを担う部門としてデータマネジメント、生物統計解析、臨床データサイエンスという三つの職務があり、チームとして協力して承認申請というゴールに向かって仕事をしています。開発職におけるデータサイエンスを担うには、何よりもデータを分析する力が求められます。さらに、医療現場のニーズや世の中の動向を広い視野から捉えた新たな提案を行うことや、何度も試行錯誤を繰り返し、周囲を巻き込み推進していく力も求められます。

臨床薬理は、計画に基づき適切に測定された薬物濃度をもとに、そのデータを有効性、安全性やバイオマーカーデータとともに解析することにより定量的な評価を行うだけでなく、このようなデータを活用し母集団解析や生理学的モデル解析を行うことにより、臨床試験を精密に予測することやその効率化、加速化に貢献します。臨床薬理職には、臨床初期段階から承認申請を見据え、開発計画全体をグローバル視点から俯瞰し課題を分析する力が求められます。その課題を解決するために、臨床試験で得られたデータを、新薬の研究段階から開発・承認取得までの適切なタイミングでタイムリーに母集団解析(PPK)、生理学的薬物動態解析(PBPK)などのファーマコメトリクス解析を行い医薬品開発の定量的意思決定に貢献する解析力、臨床薬理試験を立案し周囲を巻き込みながら臨床計画を推進していく力が求められます。

研究開発本部では、2025年R&Dビジョンを達成するためのR&D部門ならびにR&D部門一人ひとりのあるべき姿、ありたい姿を表すR&D Spiritsを策定しています(R&D Spirits:「Be the Best in Science」「Passion for Innovation」「Every Challenge,a Step to Success」「This is me.This is our team.」)。そして、このR&D Spiritsを実現し、会社と社員がお互いにコミットして成長をし続けるために、海外の仲間も含め、現場の研究員や、臨床開発担当者の意見に耳を傾けて、期待や想いの詰まったHuman Resource Management Policy in R&D(以下、HRマネジメントポリシー)を作成しています(下図)。病気と向き合う全ての人々の笑顔のために、社員一人ひとりに大切してほしいこと、最前線で働くメンバーが思う存分力を発揮するために、組織・マネジメントが果たすこと、こうしたお互いへの約束事がHRマネジメントポリシーです。医薬品開発の成功の可能性を信じ、お互いの約束を果たすべく、日々果敢に挑んでいます。

開発職は、患者さんにとってのさらなる価値を生み出す会社のエンジンです。自己の成長と組織力の強化を追求し画期的な新薬を創出することで、会社と社会の将来を担う人財となっていただくことを、大いに期待しています。

Human Resource Management Policy in R&D

  • 社員に大切にしてほしいこと

    Be the Best in Science(サイエンスで負けない)

    自らが研究開発活動の最前線に立ち、妥協することなく、世界で戦える高度な専門性を極める

    Passion for Innovation(イノベーションへの情熱)

    自らに限界を作らず、品質とスピードを両輪に新しい価値の創出に突き進む

    Every Challenge, a Step to Success(挑戦なくして成功なし)

    自ら考え抜いた後は、目先の結果に左右されず、いかなるリスクも恐れずに成功を信じて踏み出す

    This is me.This is our team.(多様な個性が輝くチームになろう)

    自ら考えを発信し、オープンマインドで互いに尊重しあいながら、コンストラクティブコンフリクトを重ねて、より良い解を導き出す

  • 最前線で働くメンバーのために
    組織・マネジメントが果たすこと

    • 仕事の価値、目指す姿を相手が理解・共感し、行動するように責任をもって説明する
    • ポジティブな情報だけでなく、想定と異なる情報も提供を促し、公正に受け止め適切な判断につなげる
    • スピード感をもって研究開発を進め、品質に懸念がある場合は、躊躇なくブレーキを踏む
    • メンバーの主体性を尊重し、大胆に判断を委ね、一度任せたら最後まで全力で支援する
    • 未来を切り拓くチャレンジを称賛し、失敗してもそれを糧として、共に学び、次のチャレンジを促す
    • 議論を尽くして組織内外の壁を率先して取り除き、タイムリーかつ透明性のある意思決定を行う
  • 臨床開発

    困難を乗り越え、新しい薬を生み出すために、自分で考え行動する力を持った方を求めています。

  • データサイエンス

    データを駆使して新しいことにチャレンジできる人、自らの手で未来を切り開いていく人を求めています。

  • 臨床薬理

    グローバル視点から臨床開発を俯瞰し課題を見出し、解決に向け周囲と連携しながら自ら考え行動する方を求めています。

「患者さんの安全のために。」

日部慈安

Global Pharmacovigilance Head
ファーマコビジランス本部

日部慈安
JD Rafizadeh-Kabe

ファーマコビジランス部門は治験から市販後まで一貫して薬の安全性を監視する重要な部署です。薬は効果とともに必ず副作用を有します。副作用を含む安全性情報は全世界から収集され、グローバル・シングル・データベースに一元管理されています。これらの情報を各国の規制に則り当局へ報告するとともに、情報の分析・解析を通して適正使用を推進する。つまり、いち早くリスクを察知し、患者さんを守るための対策を打つことで、薬のリスク・ベネフィットバランスを保っています。
このような活動をするためにグローバルに対応できる適応力、安全性情報を科学的に評価・解析できる能力、そして何より、患者さんの安全を第一に考える誠実さが求められます。
世界各国の規制に対応するため、海外拠点のファーマコビジランスメンバーとの協力は不可欠です。また、治験時には研究開発本部、市販後にはメディカルアフェアーズ部や営業本部など様々な部署と連携をしながら業務を進めています。多くの人と関わりながら、薬の安全確保及びライフサイクルに貢献できることがこの仕事のやりがいです。

世界中で使用される医薬品の情報収集とそれに対する戦略立案のために柔軟性や視野の広さが問われます。

「自らの壁を越え、挑戦し続ける。」

曽根川 寛

執行役員 営業本部長

曽根川 寛

協和キリンのMRは、専門性を持ちながら顧客と信頼関係を構築します。自社製品や疾患に対する正確な知識を、常にアップデートしながら習得し、情報の提供と収集を通じて、医療へ貢献しています。医療の担い手のパートナーであるからこそ、私たちは誠実でなければならないのです。

また協和キリンでは、個人が力を高め、主体性(当事者意識)をもって活動をしています。これがベースとして重要な考え方です。実際に現場で活躍しているMRを見てみると、主体性、やりきる力が共通点として浮かび上がってきます。本社が立案した戦略を実行するだけでなく、 MR自らがエリアの医療従事者の真のニーズを把握し、地域医療に貢献することでエリアの中で選ばれるMR、企業を目指しています。

協和キリンのMRの強みは「現場力」です。「現場力」とは、営業現場の一人ひとりが主体性を高め、高速のPDCAを組織でまわしながら課題解決につなげる力であると考えています。これは、チームワークや和を大切にする日本の文化を持っている企業だからこそできることだと思っています。 一方で、今後は今まで以上に環境変化が大きくなることが予想されます。その環境変化をチャンスと捉え、現状に甘んじることなく、挑戦しつづける組織でありたいと思っています。

営業本部では、2025年に向けたOur Vision 2025を策定しています。 病気と向き合う全ての人々の笑顔のために、営業本部社員一人一人がこのVision達成に向けて日々活動しています。

協和キリンのMRとして自らの壁を超え、私たちと一緒に挑戦し続けていただけることを期待しています。

営業本部 Our Vision 2025

  • Increase Smiles

    医療の担い手のパートナーとして、病気に向き合う全ての人々がひとりでも多く、笑顔になれる社会をつくろう。

  • Continue to Challenge

    今まで築き上げてきた歴史と経験に加え、デジタル技術やエリア担当制など新しい“もの”を積極的に取り入れ、自分たちの壁を乗り越えるチャレンジを続け、グローバル・スペシャリティファーマにおいて輝き続ける最高のチームになろう。

  • Bring the Original Value

    強みのある4領域の新薬を中心とする、最適化された情報提供・収集活動を展開していこう。
    部門間連携による多角的なアプローチや地域の医療課題解決に向けた支援活動も加え、製品が持つ本来の価値を必要な患者さんに届けよう。

※4領域:腎、がん、免疫・アレルギー、中枢神経の4つの領域

誠実さ、主体性、やり切る力を持っている方。そして、病気と向き合う全ての人々の笑顔のために、またその笑顔を増やすために、自らの壁を越え、挑戦し続ける方を求めています。

企画職
「広い視野を持ち、企業活動を牽引・創造する。」

コーポレートスタッフ職(以下CS職)は、会社経営全体を俯瞰する戦略的視点を持ち、会社全体に対し様々な施策を実行していく「創造し支える仕事」であり、かつビジョン実現に向けて組織を「牽引する仕事」です。
当社では仕事を進める上で不可欠な力を「熱意」「達成」「誠実」「協力」と整理し、社員の「基礎力」と位置付けています。CS職の仕事を推進するにはこの基礎力に加えて、「論理的思考力」や「分析力」といった業務の成果を生み出す行動特性や仕事を進める「業務知識」「高いレベルの専門性」も必要です。こうした様々な強みを持つ人材やそうした力を不断の努力で獲得するように継続的に成長することができる人材を求めています。
人事、経理、総務、広報、海外事業にとどまらず、CS職として活躍できるフィールドは多岐にわたります。ジョブ・ローテーションしながら、5年後そして10年後を見据えて幅広く活躍できる人材になっていただくための育成プランも用意しています。

基礎力を土台として専門性に磨きをかけ、広いフィールドで活躍する意欲を持ち続けられる人材を求めています。

事務職
「仲間と協力して、事務的業務を通じ企業活動を支援する。」

事務職は、社内の様々な部署で、担当業務の事務全般に精通し、多岐に亘る企業活動を側面から支える仕事です。
本社や支店、工場、研究所等の事業場や、製造、研究開発、販売部門等、様々な部署で、同じ職場や関係部署の仲間と協力しながら業務を進めます。
そうした仲間との「チームワーク」に加えて、業務完遂に向け「根気強く、誠実に」取り組み、「向上心」を持ち続けられる方を求めています。

※協和キリンCS職(コーポレートスタッフ職)には企画職と事務職があります。