人材育成

新入社員研修制度

OJT=on-the-job-training

人材育成

協和発酵キリングループでは社員の自主的なキャリア形成をサポートするさまざまなしくみを用意しています。

■研修プログラム

協和発酵キリンの社員としての期待される“役割の深化と進化”の理解を深める『階層別研修』、グローバルスペシャリティファーマの実現にむけ、グローバル人材および経営職人材の育成を行う『KHKスクール/Global Program(選抜型研修)』、会社とともに自ら成長しようとする積極的な社員を支援する『自己啓発支援制度』、キリングループとして能力開発面を支援する『キリンチャレンジプログラム』があります。

階層別研修プログラムの
一例
二年次研修 入社2年目の社員として必要なスキルや心構えを再確認した上で、二年次として必要となる知識やスキルを学び、行動につなげます。
KHKスクールプログラムの
一例
Master of
Pharmaceutical
Strategy
製薬事業遂行の基盤となるビジネスリテラシーを英語で学習した上で、製薬業界のケースワークを通じて学習内容の実践と知識の定着化を図ります。
キリンチャレンジプログラム
の一例
経営分析基礎(決算書を読む基本スキル)

■自己啓発支援制度

会社とともに自ら成長しようとする積極的な意思を持つ社員に対し、費用やそのほかの支援を行う制度です。語学会話講習、外部研修や通信教育といった教育研修の費用補助をする制度や、語学検定受検料を補助する制度があります。

■キャリアライフデザインセミナー

30歳、40歳、50歳という節目に、これまでの職業生活と自身の人生を棚卸すると同時に、自分の価値観と目指す方向性を確認し、今後の職業生活と人生の将来構想を考えます。受講後には特別休暇を付与し、自身の将来構想についてさらに深く考える機会を設けています。

■キャリア開発シート

中長期的な視点に立ったキャリア形成について具体的に考えるためのシートで、社員一人ひとりが年に1回作成します。上長との面談の中で、このシートを用いてアドバイスを受けることにより、社員一人ひとりのキャリアプランと会社が目指す能力開発の方向性を相互に確認することができます。