薬物治療の注意点

お薬は医師が処方した通りに飲みましょう

医師は、個々の患者さんの症状や状態に応じて、飲むお薬を選択しています。このため、患者さん自身の判断で飲む回数、時間帯を変えると、効果の判定ができず、適切なお薬の種類や量を決めることができません。また、副作用が出たときにも、対応することが難しくなります。お薬に対して、疑問がある場合には、担当医に相談してください。

副作用を怖がり過ぎず、お薬はきちんと飲みましょう

お薬の副作用を心配するあまり、お薬を規則正しく飲まない患者さんもおられます。お薬の副作用として、便秘、幻覚などの精神症状、眠気、吐き気などの症状がみられることがあります。吐き気や食欲低下は治療の導入期に生じることがありますが、2〜3か月もするとほとんどの患者さんで消失します。

便秘は、パーキンソン病の症状の一部なのですが、お薬の影響でより強まることがあります。担当医と相談して対策を講じます。
幻覚は薬で誘発されることがありますが、病気の初期からみられることはほとんどなく、高齢、罹病期間(りびょうきかん)が長いこと、認知症がある場合、昼間うたた寝をする人、など精神症状が出やすい要因があるといわれており、誰にでもみられるわけではありません。
眠気は抗パーキンソン病薬、なかでも非麦角系ドパミンアゴニストで生じることの多い副作用ですので、社会生活の状況によっては注意が必要です。パーキンソン病で使われるお薬は、重篤な副作用が少なく、副作用が現れた場合でも減量や中止により抑えることができます。

パーキンソン病では、お薬をきちんと飲まないと症状がよくなることはないので、気になる症状については、担当医に相談し、規則正しくお薬を飲みましょう。

パーキンソン病のお薬の急な中止は避けましょう

お薬を突然中止すると、症状が悪化するだけでなく、高熱や体の硬直、意識障害、無尿などが症状の悪性症候群をひきおこす可能性があります。進行期の患者さんでは、命にかかわる可能性もあるので、自己判断での中止は避け、担当医に相談してください。

閉じる