TOP>パーキンソン病の診断:パーキンソン病の診断手順

パーキンソン病の診断手順

パーキンソン病かどうかの診断を受けるには、神経内科医の受診をお勧めします。診察では、パーキンソン病の症状があるかどうかを調べます。
まず、患者さんから年齢、症状、経過などのお話を伺い、神経内科的な診察にて症状を確認します。この段階で、ほぼパーキンソン病かどうか診断することができます。ただし、似たような症状を現わすほかの病気と区別するため、CTやMRIなどの画像検査を行います。血液・尿検査などで診断の決め手になる異常が出ることはありません。

診断手順

診断手順
パーキンソン病の診断
監修:医療法人社団友志会
リハビリテーション花の舎病院
病院長 近藤智善先生