宇部品質ユニット品質管理部

理学部
2006年入社

現在の仕事内容は?

宇部工場では協和キリンが製造販売する医薬品の中で、経口剤の製造を行っています。品質管理では、患者さんに投与される医薬品の品質を管理するために、工場で使用する原料や工場で製造した医薬品の品質、工場の環境を試験検査しています。私の所属する課では試験対象に微生物が含まれていないか、含まれていた場合はその微生物が何なのか特定する試験検査を担当しています。また、宇部工場の製造設備が医薬品を製造するために十分に洗浄できているかを評価する試験検査も行っています。安心して患者さんが宇部工場で製造した医薬品を服用できるように、品質を担保することが私たちの仕事です。

入社理由は?

専攻は細胞生物学でした。チャイニーズハムスターやヒト由来細胞内の遺伝子を欠損させてどのような表現型となるかを確認し、細胞内で生成されたタンパク質が細胞内をどのように輸送されるのかを研究していました。 就職活動では、メガファーマよりはナニカに特化した技術を持つ製薬会社に惹かれました。特に生物色の濃い抗体医薬はとても魅力的でした。これまで薬と言えば低分子のイメージしかなかったのですが、理学部出身の私でも薬の開発に携われるかもしれないと期待した記憶があります。当時大学の先輩が社員だったこともあり、話を聞く中で、チャレンジする精神やヒトを育てようとする社風、先輩が楽しそうに働く姿が入社の最大の決め手になりました。

技術系総合職の仕事のやりがいや面白さは?

実際に患者さんに投与される医薬品に直接関わるところです。以前は研究職で、患者さんのために医薬品の研究開発をしている意識はありましたが、自分の仕事が患者さんに直結するわけではありませんでした。工場では患者さんが服用される医薬品を製造していますので、その製造プロセス(製造管理)や試験検査(品質管理)そのものが医薬品の品質になります。自分の仕事が医薬品の品質を左右するため仕事に大きな責任を感じますし、それがやりがいでもあります。また、食品など一般的な商店で販売されるものは自分の仕事の成果が世の中にどう反映されたか感じやすいと思いますが、医薬品は病院や薬局でしか手に入らないためなかなか実感できません。その中でも工場勤務というのは家族や友達に処方された医薬品を見て、宇部工場から出荷した子だなと感じることのできる特別な職場かなと思います。

目下取り組んでいる挑戦は?

仕事と家庭の両立が目下のテーマです。現在、保育園に通う子供がいるため、保育園への送迎が必要です。私は迎えを担当していますが、通勤に片道1時間かかり、会社で過ごす時間が限られます。また、両親ともに県外に住んでいるため代わってもらうこともできず、帰社時間を後ろ倒しすることも厳しいため、日々最優先する業務を考えて仕事をしています。本当に自分がするべきことはなにか、協力してもらえることはなにかを判断する毎日です。働き方改革などで仕事の効率化が叫ばれる時代になりましたが、私が学生時代に思い描いていたよりも子育てしながらの会社生活はとてもハードです。時間を有効的に使い会社の制度を利用しながら、会社でも家庭でも笑顔で過ごすようにしています。

目指すキャリアは?

工場には新しく承認された医薬品の製造を開始するというミッションもあります。薬の種だった化合物が研究、開発のフェーズを乗り越え、医薬品として患者さんに届けられるのです。ここまで来るために多くの社員や医療関係者の方々の想いが詰まっています。一方で、製造する医薬品が高い品質であることを保証しなければ工場で製造を開始することはできません。医薬品の品質は決められた品質規格をクリアすればよいということではありません。品質には、医薬品を作るための原料を工場に入荷したところから、製造、試験検査、出荷に至るまでのプロセスも含まれます。想いとともに十分に保証された品質の医薬品を患者さんに届けるために、研究所で精査された製造法や試験法を工場のプロセスに落とし込み、新しく承認される医薬品の品質を作り込んでいきたいと思います。

技術系総合職の社員たち

※社員の部署・役職は取材当時のものです。