統計解析

研究開発本部 バイオメトリックス部

基礎工学研究科
2017年入社

現在の仕事内容、携るプロジェクトは?

私は医薬品開発の中でも、統計解析に関わる業務を担当しています。
統計解析担当者は、治験の開始までに適切な結果を導くための試験デザイン・評価指標・解析手法を考える必要がありますが、これらは統計解析担当者の一存ではなく、プロジェクトメンバーと綿密に話し合ったうえで決定する必要があります。治験の質に関わる重要な部分ですので、統計解析担当者としてやりがいを感じる仕事のひとつです。治験の開始後は、どのような統計解析を実施するのか、またどのような解析結果を出力するのかを具体的に決定する必要があります。その治験で示したい結果とは何かを十分に考察し、必要に応じてプロジェクトメンバーと議論しながらこれらを決定していきます。このように統計解析担当者は統計解析に関する専門性だけではなく、コミュニケーション能力も必要な業務です。
現在は腎領域・がん領域・免疫/アレルギー領域のプロジェクトを担当しています。それぞれの疾患領域で試験のフェーズが異なることもあり、さまざまなことを経験できています。

学生時代の専攻と入社理由は?

学生時代は数理統計学を専攻していました。医薬品開発の統計解析業務では、主に生物統計学の知識を使いますが、それらを理解するうえで学生時代の知識が役立つことが多いです。
協和キリンに入社した理由は2つあります。まず若手からさまざまなことにチャレンジできる環境であることです。まだ2年目であったにも関わらず、評価指標・解析手法の考案を担当したことがありました。これらについてプロジェクトメンバーと話し合いをすることに最初はとまどいもありましたが、先輩社員に質問をしながら自身の考えをまとめ、自身の主張が受け入れられたときには達成感があったのを覚えています。またそれだけではなく、統計解析担当者の仕事の面白さ・難しさも経験しました。
次に社員の人柄です。前述の通り、協和キリンでは若手のうちからさまざまなことにチャレンジできる環境ではありますが、初めて経験する業務では不明点が多いことがあります。このような不明点について、先輩社員はたとえ忙しくても時間を割いて、適切な回答を導くためのヒントを提供してくれます。このような人柄の良い社員が集まっていることも、協和キリンの魅力だと思います。

最も印象的なプロジェクトは?

妊娠高血圧腎症という疾患で開発しているプロジェクトです。この疾患は協和キリンだけではなく、世界でみても治験の実績が少ないため参考にできる情報が少なく、試験デザイン・評価指標・解析手法を決めるためにプロジェクトメンバーとかなりの量のディスカッションを行いました。治験の結果をどのように、どうやって示したいのかを明確にし、それを達成するためにはどのような方法を選択するのが良いのかを追求し試験を計画しました。また時には外部の統計解析の専門家と協議を行い、我々の考えている計画は適切なのかどうかを話し合いに行くこともありました。統計解析担当者だけではなく他のプロジェクトメンバーもそれぞれ難しい問題を抱えていましたが、それらを共に乗り越え試験を開始できると分かったときには、何事にも変えがたい喜びがありました。

協和キリンの開発職の強み、魅力は?

領域に関係なくさまざまなプロジェクトを担当できる環境であることです。私は前述の通り、腎領域・がん領域・免疫/アレルギー領域のプロジェクトを担当していますが、例えばがん領域では生存時間に関わる評価指標や解析手法など、その領域特有の手法を学習し治験に活かすことで自身の経験にできています。また腎領域や免疫/アレルギー領域では海外の連携企業とのやり取りが発生しましたが、どのように説明すれば相手に自身の意図が伝わるのかを考えながらコミュニケーションをとりました。また、他のプロジェクトメンバーと話しやすい環境であることも魅力だと考えています。協和キリンはフリーデスク制であり、デスクの周りには簡単な打ち合わせスペースも用意されています。些細なことでもプロジェクトメンバーと気軽に話し合い、情報を共有することでより確固なチームワークを築くことができます。

目下取り組んでいる挑戦は?

プロジェクトメンバーに分かりやすい説明を心がけ、話し合いを円滑に実施することを常に考えています。私は学生の頃から人に何かを説明したり自分の意見を主張することを苦手にしていましたが、前述の通り統計解析担当者はプロジェクトメンバーと話し合いをすることがとても多いです。そのため、何かを説明する際には「対象は誰なのか」、「必要十分な説明はどの程度か」を必ず意識しています。また自分の意見を主張する際には、「相手にどう言えば分かってもらえるか」、「ロジカルな主張になっているか」を考え、円滑なコミュニケーションをとれるように努めています。まだまだ不十分なことも多いですが、最近は成果が出ていると感じる場面も増えています。

目指すキャリアは?

まずは統計解析担当者として一日でも早く一人前になることです。先輩社員と比較すると統計解析担当者としての知識・経験ともにまだまだですが、幸いなことに協和キリンは若手のうちからさまざまなことにチャレンジできる環境がありますので、そのチャンスを無駄にせず自身の糧としていきたいです。また統計解析に関わるものだけではなく、業務に関連しそうな様々な情報は内外問わず常にキャッチするように心がけていきたいです。これからは統計解析担当者もグローバル化に対応していかなければいけません。英語でのコミュニケーション能力を向上させ、協和キリンの統計解析担当者として、国内外問わず多様なプロジェクトを引っ張っていけるような人材になりたいと考えています。

開発職の社員たち

※社員の部署・役職は取材当時のものです。