人事部

外国語学部
2016年入社

現在の仕事内容は?

人事部グローバル人事グループで、トップマネジメント層を対象としたグローバル共通の人事諸制度の設計及びその定着に向けて取り組みの実践を担当しています。2019年4月にグローバル体制の発足と伴い、人事部でグローバル人事グループを新しく設立することになりました。そのグループのメンバーの一員として、現在主にグローバル報酬方針の策定、評価制度の設計、グローバルポジションの採用などの仕事に携わっています。人事部ではグローバル人事の経験が少ないため、リージョン人事、関係部署等のお力をお借りしながら、各プロジェクトを進めています。

入社理由は?

入社理由は大きく2つがあります。一つ目は面接官の優しい印象でした。仕事の内容はもちろんですが、一緒に仕事をする人・働く環境を重要視していました。面接を受けた際に、面接官の皆さんは最初から最後までずっと優しく笑顔で対応してくれ、一切にプレッシャーを感じませんでした。ぜひこのような人と一緒に働きたい!と強く感じたのを覚えています。二つ目は研修制度の充実です。例えば、日本語が流ちょうに話せなくても、入社前と入社後は日本語研修が提供されるため、外国人でも安心して入社することができます。

最も印象的な仕事は?

2017年5月に企画グループに配属され、最初に携った新しい人事システム導入のプロジェクトが印象に残っています。最初プロジェクト会議に参加した際に、日本語の問題でもありましたが、システム関連の専門用語も多く、会議の内容を全然理解できませんでした。先輩たちにいろいろサポートをいただき、なんとか大変な時期に乗り越えました。自分がつけた名前(Charms)が最終的にこのシステムの名前になり、嬉しく感じています。

目下取り組んでいる挑戦は?

最近は人事専門知識を勉強しています。これまでは、人事の専門知識を体系的に勉強したことはありませんでしたが、グローバル人事担当者となり、日本だけではなく、多国の人事に関連する基本知識を吸収しなければなりません。
グローバル人事資格の試験にも挑戦し、約3ヵ月間の勉強を経て合格することができました。資格は、取得がゴールではなく、その過程で知識を吸収することが大切です。試験の後も人事関連の本を積極的に読んでいます。今度は、本から得られた知識を自分の仕事に実践できるよう、意識して業務に取り組んでいます。

目指すキャリアは?

短期的には、グローバル人事として知識と経験を深めたいと思います。私にとって、グローバル人事グループでの仕事はチャンスでもあり、チャレンジでもあります。これからも試行錯誤しながら、グローバル視点で社員が最大限の能力を発揮して働ける環境を整備していきたいと思います。 中期的には、他部署の仕事内容・ワークスタイルを経験し、キャリアを広げていきたいと考えています。

コーポレートスタッフ職の社員たち

※社員の部署・役職は取材当時のものです。