人事部

英語英米文学専攻
2016年入社

現在の仕事内容は?

私は人事部に所属しており、2018年10月から海外出向者及び受入出向者関連業務を行っています。
現在の仕事内容は主に2つです。
ひとつは、赴任準備から帰任まで、会社の規程に沿って海外の日本人駐在員のサポートを行っています。赴任前に現地の生活や社内ルールを各駐在員にご説明する「赴任前オリエンテーション」の開催、ビザ手続きや納税手続きの管理、給与改定、海外グループ会社との契約書や資金管理など多岐にわたります。幅広い知識や細かなスケジュール管理が求められる場合が多く困難もありますが、社内各担当者や外部委託先とも適宜連携しながら業務を進めています。また、各国の駐在員から日々寄せられる問い合わせに対応することも重要な業務の一つです。
二つ目は、海外子会社から日本へ出向する社員のサポート業務です。業務内容は日本人駐在員に対するものとほぼ同様ですが、英語での対応がメインとなります。現在はまだ海外からの出向者数は多くありませんが、今後社内のグローバル化が進むにつれて増加することが予想されます。彼らが日本での会社生活に馴染めるように、今後は社内環境も改善できる部分は改善したいと考えています。

入社理由は?

私は視覚障害(全盲)を持っています。何事にも積極的に挑戦する性格で、就職活動中は、とにかく障害を理由に仕事範囲が限定されず、健常者社員と同等の内容の仕事を任せてもらえる企業を探していました。多くの企業説明会に参加したりホームページで採用情報を調べましたが、協和キリンを選んだ理由は主に2つあります。
一つ目は、幼少期のがんの闘病経験から、製薬企業の一員として患者さんや社会に貢献したかったこと。当時当社はちょうどグローバル・スペシャリティファーマとして海外展開を本格化しようとしている時期だったため、英語力を生かして、CS職として世界への飛躍に貢献したいと考えました。
二つ目は、障害に配慮した社内環境が充実していると感じたからです。私の前にもすでに多くの障害者の方が入社されており、視覚や聴覚障害に配慮したPCソフトや機器が充実していました。入社後も必要に応じて適切なサポートをいただいており、非常に働きやすいです。

最も印象的な仕事は?

各国の人事担当者が協和キリングループ全体の人事課題について議論する、グローバルHRミーティングに参加したことです。入社2年目から毎年参加させていただきましたが、特に2018年からは計画・準備段階からプロジェクトに携わり、会議では司会進行を担当するなど、多くの貴重な経験をすることができました。
当日は各担当者からのプレゼンや議論を通してグループ会社の人事施策や課題を実感するとともに、さまざまな国から参加した人事担当者とも交流が深められました。私の現在の業務は海外の人事担当者とも連絡を取り合うことが多いのですが、グローバルミーティングでお会いしたメンバーも多く、そのおかげでスムーズに業務が進んでいると感じます。

今後成し遂げていきたいこと、目指すキャリアについて教えてください。

直近の目標としては、今後ますます多様化するニーズに答えられるように、海外関連制度を整備したいと考えています。国内・海外を問わず、人事面からより働きやすい環境を作りたいですね。
また、将来的には本社以外の事業場で、研究や生産現場の人事総務を経験したり、海外子会社で働く経験ができればと考えています。

コーポレートスタッフ職の社員たち

※社員の部署・役職は取材当時のものです。