プロジェクトリーダー

研究開発本部 免疫・アレルギーR&Dユニット 免疫・アレルギーR&Dマネジメントオフィス

工学研究科
2006年入社

  • HOME
  • 社員を知る
  • 研究開発本部 免疫・アレルギーR&Dユニット 免疫・アレルギーR&Dマネジメントオフィス

現在の仕事内容、携るプロジェクトは?

アトピー性皮膚炎患者を対象としたプロジェクトのグローバルプロジェクトリーダーを務めています。プロジェクトリーダーは、臨床、非臨床、製造、薬事、安全性などのさまざまな部署、そして世界中からアサインされたメンバーをまとめながら、プロジェクトを推進し、目標とするゴールに導く舵取り役です。メンバーとは日々コミュニケーションを取りながら、実施中の治験における課題解決から、将来実施する治験計画の検討まで幅広い業務内容をカバーしています。また、プロジェクトの顔として、会社の経営層に対してプロジェクトを代表して計画や進捗を説明する責任も担っています。

学生時代の専攻と入社理由は?

高校生の時にクローン羊ドリーの誕生をニュースで目にしてから、バイオテクノロジーの魅力とその後の成長に大きな魅力を感じ、大学・大学院ではバイオテクノロジーを学びました。大学入学時より、将来は人々の健康や病気の治療にかかわる仕事に就きたいと思っていましたので、就職を考えたときに製薬会社というのはごく自然な選択でした。協和キリンに決めた理由は、ヒトでした。特に、開発職出身の採用担当の方がいたのですが、目をキラキラとさせながら開発職の魅力を説明されていました。この姿がとても印象的で、このような方のいる会社であれば、自分もワクワクしながら仕事ができると考えて入社を決めました。

最も印象的なプロジェクトは?

ロミプレート®という血小板増加薬のプロジェクトです。2008年、当時アムジェン株式会社がこの薬剤の開発を行っていましたが、当社が日本から撤退することに伴い、協和キリンがロミプレートの開発を引き継ぐこととなりました。当時入社3年目の私は、リーダー他2名のメンバーと一緒にアムジェン・デベロップメント株式会社に出向し、この薬剤の開発を担当しました。それまで協和キリンでは臨床開発の仕事だけを担当していたのですが、このプロジェクトでは人数が限られていることから、臨床開発の枠を超えた幅広いさまざまな業務を担当しました。また、この薬剤の開発にあたっては、米国Amgen Inc,社と定期的にコミュニケーションを取りながら進めていたのですが、その中でグローバルでの医薬品開発の体制、プロセス、そして感覚に触れることができました。アムジェン・デベロップメント株式会社での経験は約2年ほどでしたが、現在グローバルプロジェクトリーダーとして全世界のメンバーと連携しながらプロジェクトを運営する立場となり、この時の経験が生きていると感じています。

協和キリンの開発職の強み、魅力は?

若手から重要な仕事を任せてもらえるというのは協和キリンの開発職の大きな魅力だと思います。入社年度の若いうちは、もちろん経験及び知識の両面でまだまだ十分とは言えませんが、その時期に、自身で考える力、生み出す力を鍛えるという経験を積むことで、早期にスキルアップを図り、リーダーとなるにふさわしい人材に成長することができます。また、協和キリンでは2018年2剤を米国で上市し、2019年は1剤の製造販売承認を米国で取得しており、グローバル化を加速させています。グローバル開発品目が増える中で、全世界を土俵として、その開発計画立案及び治験の運営に主体的に携わることができるというのは大きな魅力だと思います。また、私も米国支社に5年間駐在を経験しましたが、駐在員として働くチャンスも多くあるので、海外で仕事をしたいと考える人にとっても魅力的だと思います。

目下取り組んでいる挑戦は?

現在アトピー性皮膚炎を対象に開発中の薬剤は、日米欧のグローバルチームで連携しながら開発を進めていますが、物理的な距離と時差のギャップはコミュニケーションを取るうえで大きな障害になります。そのような環境の中で、各メンバーの意見、専門知識を引き出し、プロジェクトの運営に生かしていくことは簡単なことではありません。プロジェクトリーダーとして如何にしてこのギャップによる障害を小さくし、スムーズなコミュニケーションを図り、プロジェクトメンバーの力を最大限に引き出すことができるか、という課題に目下取り組んでいます。また、この薬剤の有効性、安全性を正確に評価するために、薬剤の特徴を踏まえて、今後どのような治験を実施すればよいかということを、プロジェクトチームで知恵を出し合いながら協議しています。

目指すキャリアは?

現在携わっている開発中の薬剤が全世界で承認され、患者さんを救う薬となる世界を見ることが当面の目標ですが、世界中にはまだまだ十分な治療薬がない病気が数多くあります。これからも、グローバルを舞台に、プロジェクトリーダーとしてそのような病気に苦しむ患者さんにとって福音となる治療薬を一つでも多く世に出していきたいです。

開発職の社員たち

※社員の部署・役職は取材当時のものです。