沿革

協和キリンは、協和発酵工業とキリンファーマが培ってきた経験と実績を受け継いで生まれた製薬会社です。協和発酵工業と、キリンファーマが築きあげた研究・開発の歴史、ならびに協和キリンの沿革をご紹介します。

  1. 1907
    麒麟麦酒株式会社 設立。
    麒麟麦酒株式会社
  2. 1949
    協和発酵工業(株)を創立。
    協和発酵工業株式会社
  3. 1951
    米国メルク社からストレプトマイシンの製造技術を導入し、わが国で初めてストレプトマイシンを量産。結核の撲滅に貢献。(医薬品事業への取り組み開始)
    ストレプトマイシン号
  4. 1956
    • 抗悪性腫瘍剤マイトマイシンCを分離し、工業化に成功。
    • 世界で初めて発酵法によるL-グルタミン酸の生産技術を発明し、アミノ酸発酵という一大事業分野を開拓。
  5. 1963
    抗悪性腫瘍剤「マイトマイシン」および抗生物質「スピラマイシン」発売。
    スピラマイシン製品画像
  6. 1967
    抗悪性腫瘍剤「5-FU」、抗生物質製剤「アセチルスピラマイシン」発売。
  7. 1971
    抗悪性腫瘍剤「ロイナーゼ®」発売。
  8. 1982
    エリスロポエチンの医薬品化を目指し本格的な研究を開始。
  9. 1988
    米国 ラホヤアレルギー免疫研究所設立を支援。
    現ラホヤ免疫研究所外観
  10. 1990
    腎性貧血治療剤「エスポー®」(EPO製剤)発売。
  11. 1991
    • 好中球減少症治療剤「グラン®」(G-CSF剤)発売。
    • 高血圧症・狭心症治療薬「コニール®」発売。
  12. 2001
    • アレルギー性疾患治療剤「アレロック®錠」発売。
  13. 2003
    抗体医薬ビジネス会社「BioWa.,Inc.」を米国に設立。
  14. 2006
    抗アレルギー点眼剤「パタノール®点眼液」発売。
  15. 2007
    • キリンビール株式会社の純粋持ち株会社制導入に併せて「キリンファーマ株式会社」発足。
    • 持続型赤血球造血刺激因子製剤「ネスプ®」発売。
    • 抗体医薬の活性を高める新技術「COMPLEGENT®」を確立。
  16. 2008
    • 二次性副甲状腺機能亢進症治療剤「レグパラ®錠」発売。
    • バイオケミカル事業を分社し、協和発酵バイオ(株)を設立。
    • 協和発酵キリン株式会社発足。
  17. 2009
    「私たちの志」制定。
  18. 2011
    • 血小板造血刺激因子製剤/トロンボポエチン受容体作動薬「ロミプレート®皮下注 250μg調製用」発売。
    • 英国ProStrakan社を子会社化。
  19. 2012
    • 富士フイルム社とバイオシミラー医薬品についての開発・製造・販売の合弁会社「協和キリン富士フイルムバイオロジクス株式会社」を発足。
    • 成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)治療薬「ポテリジオ®点滴静注20mg」発売。
  20. 2013
    新規パーキンソン病治療剤「ノウリアスト®錠20mg」発売。
  21. 2014
    • 英国ProStrakan社がArchimedes社を買収。
    • 持続型G-CSF製剤「ジーラスタ®皮下注3.6mg」発売。
  22. 2016
    • Kyowa Kirinブランド統一。
    • 乾癬治療薬ルミセフ®の国内販売開始。
  23. 2017
    協和キリンフロンティア株式会社設立
  24. 2018
    • X染色体連鎖性低リン血症治療剤Crysvita、欧米で承認取得
    • 菌状息肉腫およびセザリー症候群治療剤Potelligeo、欧米で承認取得
  25. 2019
    協和キリン株式会社に社名変更
    Kyowa KIRIN
トップへ戻る