協和キリンとバイオ医薬品の関係

協和キリンはバイオ医薬品、特に抗体医薬に強みがある会社です。
協和発酵工業とキリンホールディングスの医薬事業・キリンファーマが合併し、2008年に設立されました。
両社ともにバイオテクノロジーの黎明期よりバイオ医薬品の開発を行っていた歴史があり、様々なバイオ医薬品を開発・提供しています。

協和キリングループは、「医薬」の事業分野において、高度な技術とユニークな視点で独自の研究を進め、高品質な製品を開発・提供しています。

事業紹介

医薬事業

事業の内容
日本、欧米、アジアの各地に拠点を持ち、腎、がん、免疫、アレルギー、中枢神経カテゴリーを中心とした医療用医薬品や、体外診断用医薬品などの研究、開発、製造、そして販売を行っています。医療現場のニーズに応えるユニークな医薬品の一刻も早い上市を目指して、研究および開発の分野では世界中の企業との提携にも積極的に取り組んでいます。
主要製品 医療用医薬品

関連リンク

トップへ戻る