理念・ビジョン

協和キリングループは、「医薬」の事業分野において、高度な技術とユニークな視点で独自の研究を進め、高品質の製品を開発・提供しています。バイオテクノロジーは、とても大きな可能性を秘めたフィールドです。日本を代表するライフサイエンス企業として、常に新しい可能性へ挑戦し、世界の人々の健康と暮らしに貢献していきます。

経営理念

協和キリングループは、ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、新しい価値の創造により、世界の人々の健康と豊かさに貢献します。

価値観

協和キリングループの役員および従業員一人ひとりの行動の拠り所となる考え方や姿勢です。中心概念の“Commitment to Life (コミットメント・トゥ・ライフ)”と3つのキーワードで構成されます。

Commitment to Life コミットメント・トゥ・ライフ この地球上で最も大切な存在のために働こう。 患者さん、患者さんを介護する人、医療従事者、そしてお客様のために価値を創造しよう。 イノベーション Innovation 情熱を持ち、楽しみながら、生活を変革しよう。全ての業務において、現状維持を良しとせずチャレンジしよう。 チームワーク/和・輪 Teamwork/Wa ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン。多様性のあるチームで働き、お互いに尊重しよう。組織の枠を超えよう、そしてステークホルダーと連携しよう。 インテグリティ Integrity 正しいことをしよう。一貫して誠実で倫理的であろう。公正な事業運営を通じて、より良い世の中を造ろう。

協和キリンの事業ビジョン

がん、腎、免疫疾患を中心とした領域で、
抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、
画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、
世界の人々の健康と豊かさに貢献する、
日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなる。

トップへ戻る