共同研究・共同開発

私たちは、革新的な創薬を加速させるために、オープンイノベーションも重要な戦略だととらえ、多くの企業や研究機関との共同研究・共同開発を積極的に推進しています。

オープンイノベーションの取り組み

「腎」「がん」「免疫・アレルギー」「中枢神経」の各カテゴリーを研究開発の中心にすえ、新たな医療価値の創造と創薬のさらなるスピードアップを目指しています。

協和キリンの強み
最先端のバイオテクノロジーを駆使した多様な創薬モダリティ、バイオ医薬品開発の技術・ノウハウ、生産設備、オープンイノベーションによる創薬

私たちの強みは、「抗体・バイオロジクス」「低分子」「核酸医薬品」を核とした独自かつ多様な創薬モダリティであり、最先端のバイオテクノロジーに基づいた技術・ノウハウを有しています。
さらに、バイオ医薬品の研究開発にもいち早く取り組み、技術・ノウハウの蓄積及び生産設備の充実に力を注いできました。
また、オープンイノベーションに以前から取り組んでおり、成功事例としてポテリジオ®、ノウリアスト®などの上市品があります。

オープンイノベーション

社内外の知識や技術を組み合わせることにより、革新的な新しい価値を創出することです。

パートナーとの研究開発の流れ

独自の多様な創薬技術により、パートナーとともに創薬シーズの実用化を推進し、一日でも早く患者さんに新薬を届けることを目指しています。

協業による研究開発で、創薬シーズの価値最大化を図ります ご提案創薬シーズ(ノンコンの面談、秘密保持契約)→協業に向けた協議(役割分担、研究資金、成果・外部発表、知財戦略)→各種契約の締結(試料提供契約、共同研究契約、ライセンス契約)→上市に向けた研究開発(協業推進、共同出願、開発戦略)

協和キリンでは、下記の領域でパートナーを募集しています。

  • 中枢神経領域は今年度の募集は行っておりません。

国内研究機関(アカデミア、製薬およびベンチャー企業等)に所属されている研究者の方々との共同研究を随時募集しています。
上記領域にて共同研究を希望される方々は、右の応募フォームよりご連絡ください。

グローバルサイトのライセンスページ(英語)については、
Research Collaboration and Licensing(グローバルサイトへリンク)をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe®Reader®が必要です。

Adobe®Reader®のダウンロードはこちら別ウィンドウで開きます
トップへ戻る