グローバルネットワーク

研究のネットワーク

協和キリンの創薬研究は、国内の東京リサーチパークと富士リサーチパーク、海外のKyowa Kirin Pharmaceutical Research社の3拠点体制をとっており、それぞれ互いに緊密な連携を図っています。
Kyowa Kirin Pharmaceutical Research社では長年にわたり提携関係にあるラホヤ免疫研究所(La Jolla Institute for Immunology)やカリフォルニア大学サンディエゴ校等の複数の外部研究機関との連携を通じて、研究ステージにおけるプロダクトパイプラインの拡充に取り組んでいます。

Japan 4つのモダリティを核とした開発候補品の創出、San Diego 新規医薬品候補の創製・最先端科学研究効果へのアクセス・オープンイノベーション推進 トランスレーショナルリサーチの新たな展開グローバルな産学創薬連携

4つのモダリティ

構想した治療コンセプトを実現するための創薬技術(方法・手段)の分類を指します。協和キリンでは、抗体バイオロジクス、低分子、核酸、再生医薬の4つに注力しています。

オープンイノベーション

社内外の知識や技術を組み合わせることにより、革新的な新しい価値を創出することです。

トランスレーショナルリサーチ

基礎研究で見出された創薬技術について、臨床での効果をいちはやく予測するために大学などと連携して行う橋渡し研究です。

開発のネットワーク

協和キリンでは、本社(東京)のほか、米国および英国のKyowa Kirin Pharmaceutical Development社、韓国のKyowa Kirin Korea社、中国のKyowa Hakko Kirin China Pharmaceutical社を拠点として、相互に緊密な連携を取りながら、日本を含むアジア、米国、欧州、その他の地域でグローバルに新薬開発を進めています。このうち、米国と英国にそれぞれ存在するKyowa Kirin Pharmaceutical Development社では、"Western Development Organization"(WDO)と名付けた機能上の一つの組織として米国や欧州等での開発を担当し、日本発の新薬を欧米で上市すべく邁進しています。
グローバル開発品に対しては開発拠点横断的なプロジェクト体制を敷き、世界中の患者さんに一日でも早く画期的新薬を届けられるよう、ノウハウを共有しながら効率的かつ規制に準拠した医薬品開発を計画・実行しています。

Europe(Kyowa Kirin Pharmaceutical Development Ltd.)、United States(Kyowa Kirin Pharmaceutical Development, Inc.)、Asia(協和キリン株式会社、韓国協和キリン株式会社、協和麒麟(中国)製薬有限公司) Westen Development Organization

海外拠点

この表はスクロールしてご覧いただけます

  サイト名/会社名 場所 研究 開発 生産
A アメリカ    
B アメリカ    
C イギリス    
D 中国  
E 韓国    
トップへ戻る