人材育成と組織風土

協和キリングループは、経営理念を実現するために、当社グループの価値観と行動規範に基づき、高い倫理観をもって行動し、社会から信頼される企業グループを目指しています。

事業を取り巻く環境変化が激しさを増す中、リーダーシップを発揮し、自律的に変革に挑む人材の確保・育成が不可欠と認識しています。また、多様な背景を持つ個々の能力を活かし、新たな価値を生み出す共創の場を提供することが必要と考えています。
当社グループは、人材をイノベーションの源泉ととらえ、当社グループ社員一人ひとりの能力を最大限引き出し、変革に挑み新しい価値を創造し続ける人と組織をつくることを目指します。

協和キリングループ 人材マネジメント基本方針

協和キリングループ(以下、「当社グループ」という)は、経営理念を実現するために、価値観と行動規範に基づき、高い倫理観をもって行動し、社会から信頼される企業グループを目指しています。
健康・医療に対するニーズ・技術が多様化する一方、医療経済の問題がグローバルな課題となるなど当社グループの事業を取り巻く環境変化は激しさを増しています。そうした環境変化のなかで、新しい価値を創造し、事業のグローバル展開を進めるなど、事業モデルの転換スピードを速めていくためには、リーダーシップを発揮し、自律的に変革に挑む社員の確保・育成が不可欠と認識しています。また、多様な背景を持つ個々の能力を活かし、新たな価値を生み出す共創の場を提供することが必要と考えています。
以上の背景を踏まえて、当社グループにおける社員と会社の関係および社員の能力開発に対するグループ共通の考え方を明確に示し、変革に挑み新しい価値を創造し続ける人・組織づくりを強化するため、以下の方針を定めます。

  1. 当社グループは、人材をイノベーションの源泉ととらえ、当社グループ社員一人ひとりの能力を最大限引き出し、変革に挑み新しい価値を創造し続ける人と組織をつくることを目指します。
  2. 当社グループは、当社グループ社員の個を活かし、共創を促します。
    • 当社グループは、自由闊達な風土をつくります。
    • 当社グループは、挑戦と成長の機会を提供します。
  3. 当社グループ社員は、自律し、当社グループの成長に資する変革に挑みます。
    • 当社グループ社員は、自ら考え、対話し、行動します。
    • 当社グループ社員は、自己成長と組織貢献を追求します。
  4. 当社グループは、当社グループが事業活動する国における労働関係法令・ガイドライン・業界ルールを遵守し、労務管理を行います。
  5. 当社グループは、上記1~4の実現のため、当社グループ各社において、適切な組織体制および業務プロセスを構築し、運用します。

以上

人材育成制度の全体像

協和キリンは、グローバル・スペシャリティファーマ(GSP)への飛躍に向けて、生産性を向上させ、イノベーションを生み出す組織風土醸成の源泉となる人材を育てるために、業務を通じた成長機会の提供のみならず、職位や目的に合わせたきめ細かい人材育成プログラムを整備しています。

人材育成プログラム 項目:階層別研修 女性育成研修 指名/公募型/KHK School Program 自己啓発 経営職レベル 階層別研修:マネジメント研修 指名/公募型/KHK School Program:グローバル研修 自己啓発:自己啓発支援 一般職レベル 階層別研修:階層別研修 女性育成研修:キリングループ研修、リーダーシップ研修 指名/公募型/KHK School Program:戦略研修、海外派遣プログラム 自己啓発:自己啓発支援、キリンチャレンジ
  • 協和キリンでは、管理職社員を「経営職」、非管理職社員を「一般職」とそれぞれ呼称します。
2018年度人事部主催研修実施状況
名称 参加人数 合計時間(h)
階層別必修研修 階層別研修 303 12,132
マネジメント研修 291 8,928
女性育成研修 キリングループ研修 5 200
リーダーシップ研修 13 514
KHK School Program 戦略研修 27 2,079
グローバル研修 14 972
自己啓発 自己啓発支援 675 -

スマートワーク推進プラン

協和キリングループは、生産性を重視する組織風土を醸成し、働き方に関する満足度の高い組織を目指して「スマートワーク推進プラン」を策定し、働き方改革に取り組んでいます。「スマートワーク推進プラン」は、効率的な働き方や適正な労働時間管理に関する意識を高め、業務多忙な中にあっても各職場、社員一人ひとりが、目標に向かって小さな1歩を踏み出すことを促す取り組みです。

協和キリングループ「スマートワーク推進プラン」(2016年~2020年) 「小さな1歩」を踏み出すための取り組み:各社の労使で取り組みを検討して、実施 (取組例) トップメッセージの発信/適正な労働時間管理に関する啓発活動/各職場、社員の「小さな1歩」の事例共有/各職場の状況(時間外、年休取得率、アンケート調査結果等)の「見える化」/e-learning、検証、アンケート調査/働き方に関する制度、ルールの見直し 等 → 取り組みの目標:長時間労働の是正/年休取得率の向上/コンプライアス・人権意識調査のポイント改善/次世代育成支援法に基づく行動計画の達成 →ありたい姿:時間当たりの生産性を重視する組織風土/働き方に関する社員の満足度が高い組織 法令順守/社員の健康維持/生産性の向上/ワークライフバランスの実現

社員意識調査

協和キリングループは、協和キリン及び国内・海外のグループ子会社を対象にグローバルで統一した社員意識調査を毎年実施しています。組織の強みと改善課題を把握し、本調査から浮き彫りになった課題を解決するための施策を実行することで、社員一人ひとりの能力を最大限引き出し、変革に挑み新しい価値を創造し続ける人の育成と組織作りに取り組んでいきます。

社員との対話

協和キリンは、各自の人間性を尊重し、働きやすい職場環境の維持、組織風土の醸成の実現に向け、パートナーシップの考えのもと、お互いの立場を尊重し、労働組合と建設的な議論を重ねています。また、国内グループ各社においても、労使協議を通じて、健全な労使関係の構築・維持に努めています。

トップへ戻る