臨床研究基本方針

協和キリングループは、臨床研究を通じて、医療の向上や医学・薬学の進歩、人々の健康と豊かさに貢献したいと考えています。
臨床研究に関わる際は、研究に参加される患者さんの人権保護と安全性確保のため最大限配慮しています。また関連法令等を遵守し、臨床研究の透明性の確保と、科学的妥当性・独立性・信頼性の確保に努めています。

このような臨床研究における取り組み姿勢や行動の規範をまとめた「協和キリングループ 臨床研究基本方針」を制定し、実践しています。

協和キリングループ 臨床研究基本方針

医薬品の有効性・安全性を実証するためには、人を対象とした臨床研究が不可欠です。協和キリングループは、ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、新しい価値の創造により、世界の人々の健康と豊かさに貢献するため、以下の原則に基づき、臨床研究を行います。

  1. 研究意義
    科学的な根拠に基づき、医療に貢献する臨床研究を実施または支援します。
  2. 研究対象者保護
    研究に参加される方の自由意思、プライバシーを尊重し、生命の尊厳および人権を保護します。そのために研究に参加される方やそのご家族に、十分な情報を提供するとともに、研究に参加される方のリスクを最小化し、小児、高齢者など社会的弱者に十分な配慮をします。
  3. 規範遵守
    ヘルシンキ宣言等の国際的規範、各国の適用法令、指針および業界規範を遵守します。また、それら規範等に求められる第三者レビューを受け、その意見を尊重します。
  4. 情報管理
    研究内容・資金に関する情報を厳重に管理し、適正に公開します。
  5. 実施体制
    上記を実践するため、専門の知識と正しい倫理観を持った者が、責任感・使命感を持って研究に携わります。また、適切な組織体制および業務プロセスを構築し、共同・委託研究機関にも倫理的で信頼性の高い研究の実施を求めます。
トップへ戻る