倫理的なプロモーション活動

人々の命と健康に深くかかわる事業を営む企業として、私たちは常に高い倫理観をもちプロモーション活動に努めなければなりません。

プロモーション活動に対する倫理的な姿勢を明確に示すために、当社グループは日本製薬工業協会(製薬協)の「製薬協コード・オブ・プラクティス」の趣旨に則った「協和キリングループ プロモーション基本方針」を制定して活動を推進しています。また、独自の方針に加えて、当社グループは、事業を行う国の関係法規、国際製薬団体連合会(IFPMA)および地域の業界団体が定める行動規範やガイダンスを遵守しています。

協和キリングループ プロモーション基本方針

協和キリングループ(以下、「当社グループ」という)は、プロモーションを、当社グループの製品の価値を世界の人々に知っていただき、その価値を享受していただくために重要な活動と考えています。不適切な方法でプロモーションを行い、不当な利益を得ることはあってはなりません。

当社グループは、世界の人々の健康と豊かさに貢献することを経営理念に掲げており、人々の命と健康に深くかかわる事業を営む企業として、倫理的なプロモーションを行い、科学的かつ臨床的に意義のある適正な情報を提供していきます。

なお、プロモーションとは、医療用医薬品の処方、推奨、供給、投与または消費を促進するために、医療関係者を対象に実施、企画または後援するあらゆる活動を意味します。

  1. 医療関係者とのコミュニケーション

    医療関係者とのコミュニケーションにおいては、患者さんに利益をもたらし、医療の質を高めることを目的とし、医薬品についての情報提供、科学的・教育的情報の提供、医学的研究の支援に重点を置きます。

  2. 医療関係者の独立性

    医療関係者との独立性を確保するために、医薬品の処方、推奨、購入、供給、販売、投与またはそれらの行為を継続するとの約束の見返りに、金銭的利益または物品による利益を医療関係者に提供や申し入れをしません。また、医療関係者の処方行為に不適切な影響を与える方法・条件でいかなるものも提供や申し入れをしません。

  3. 適正使用

    虚偽・誤解を与える広告・不当表示、競合他社製品に対する誹謗中傷を行いません。そして、客観的かつ誇張なく医薬品の特徴を提示することにより、医薬品の適正な使用を促進します。

  4. 各国の規制

    当社グループが事業活動する国や地域におけるプロモーションに関する法令・ガイドライン・業界ルールに従い活動します。適正な法規制や業界コードがない国や地域で活動を行う場合には、IFPMAコードに従います。

  5. 体制

    上記の各項を遵守できる適切な組織体制および業務プロセスを構築し、運用します。

適切な情報提供のための体制

当社医薬品およびその関連領域に関わる製品概要、広告、患者向け資材等の情報資材は各国の関係法規および業界団体の定める基準を満たした上で提供されます。
例えば、日本において、営業部門から独立した複数の関係部門および、社外第三者を含めた情報資材審査委員会によって情報資材を審査しています。審査にあたり、情報資材はその科学的妥当性や、製薬協コード・オブ・プラクティスおよび公正競争規約をはじめとする社外基準に準拠している等の観点によりレビューされます。なお、審査のプロセスにおいて、情報資材を用いる営業部門は関与しません。また、すべての部門において、審査・承認を経ていない情報資材の使用を禁止しています。

また、厚生労働省の「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン(以下、ガイドライン)」※1の対応として、当社の販売情報提供活動が適切に実施されているかを確認するための体制を整備しました。
具体的には、販売情報提供活動監督部門を設置し、自社が適切な販売情報提供活動を行っているかモニタリングして、必要な監督・指導を行っています。また、自社医薬品の適応外情報および自社が開発する未承認薬情報の提供を行う場合は、関係法規等を遵守しています。
さらに、社外第三者を含む販売情報提供活動監督委員会を設けて、販売情報提供活動の監督指導および情報資材審査に関する実施状況を監督部門は当委員会に定期的に報告し、助言を受けています。

研修

社員研修は、倫理的なプロモーション活動を行うにあたり重要な要素となります。
資材作成担当者をはじめプロモーションに関わる社員を対象に、営業所長・CSR推進部担当者による対面研修、WEB研修、e-ラーニング研修等を定期的に実施しています。また、年に一度、コンプライアンス推進強化月間を設定し、全社員に対してコード・オブ・プラクティスの周知・理解促進のための研修を実施しています。コード違反事例が発生した際には、速やかに臨時研修を実施し、再発防止に努めています。

研修担当対象者頻度研修範囲
CSR推進部資材作成担当者年12回法令等に則った資材作成のための知識
営業所長営業本部年12回ガイドライン、公正公競規約
CSR推進部営業本部、
メディカルインフォメーション室
年4回製薬協コード・オブ・プラクティス、ガイドライン、公正公競規約
CSR推進部協和キリングループ(国内)全社員年1回製薬協コード・オブ・プラクティス
トップへ戻る