環境マネジメント・環境方針

協和キリングループは、「キリングループ環境ビジョン2050」のもと、「協和キリングループ環境基本方針」に基づき、ISO14001マネジメントシステムを着実に運用するとともに、環境に対するコミットメントを明確にしながら事業活動を進め、バリューチェーンを含め低炭素企業の実現を目指し活動を推進しています。

また、環境関連法令を遵守するとともに、より厳しい自社管理値を定めて環境活動を行っています。これらの活動を通して社会課題への取り組みによる「社会的価値の創造」と「経済的価値の創造」を両立させ、企業価値向上を実現するCSV(Creating Shared Value)経営を実践しています。
協和キリングループは、CSV経営の実践において、社会の持続性へのインパクトとグループの事業へのインパクトの観点から、当社グループが優先的に取り組むべき課題を、CSV重点課題として特定し、中期経営計画に組み込んでいます。
CSV重点課題の中でも特に、「温暖化の防止」「水資源の保護」に係るSDGsを中核的な課題と位置付けています。

当社はグループの環境管理における重要事項を審議する意思決定機関として、「グループCSR委員会」を設置しています。本委員会は代表取締役副社長を委員長とし、グループCSR委員会にて審議・決定された内容は取締役会に報告しています。なお、気候変動問題を含めた環境全般の最高責任者は代表取締役副社長です。

協和キリングループ 環境基本方針

協和キリングループは、ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、製品の研究開発段階から製造・販売・使用・廃棄に至る全ライフサイクルに亘り、サプライチェーンの環境影響にも配慮し、次世代に引き継ぐ地球環境の保護に積極的に取り組むことで世界の人々の健康と豊かな社会の実現に貢献します。

  1. 事業活動が環境に与える影響を認識し、重要な課題に対しては目標を定め、環境活動を推進します。
  2. 環境パフォーマンスの向上のため、環境マネジメントシステムを構築し、継続的に改善します。
  3. 環境関連の法令、協定等を順守すると共に、より厳しい自主管理基準を定めて環境汚染の予防を推進します。
  4. 省資源、省エネルギーを推進し、地球温暖化防止に取り組みます。
  5. 水使用量の削減並びに、廃棄物の発生抑制及び再資源化を推進し、循環型社会の実現に貢献します。
  6. 生物多様性の維持を目的に、地域の環境や生態系の保護活動を継続して推進します。
  7. 環境に関する教育や啓発活動を行い、意識の向上を図ります。
  • 協和キリン社では、2018年5月にISO14001全認証取得サイトで新規格ISO14001:2015への移行を完了しており、2019年1月1日付で第三者認証から自己適合宣言に移行し運用しています。
ISO14001自己適合宣言サイト
高崎工場、宇部工場、東京リサーチパーク、富士事業場
環境マネジメントシステムIS014001自己適合宣言書※1 1.発行者の組織名称:協和キリン株式会社(CSR推進部)※2 2.所在地:〒100-0004東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシヤルシティグランキューブ 3.自己適合宣言の適用規格及び範囲:適用規格:IS014001:2015、JIS Q 14001:2015※3 適用範囲:(1)サイト 高崎工場 群馬県高崎市萩原町100-1(医療用医薬品の研究開発及び製造並びに医薬原薬の製造)、宇部工場 山口県宇部市大字藤曲2547-3(医療用医薬品の製造)、東京リサーチパーク 東京都町田市旭町3-6-6(医療用医薬品の研究開発)、富士事業場 静岡県駿東郡長泉町下土狩1188(医療用医薬品の研究開発及び製造) (2)統括事務局 CSR推進部環境安全グループ:東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシヤルシティグランキューブ(統合環境管理システムを統括・推進するための事務局業務) 4.自己適合宣言日:2019年1月1日 2019年7月1日 協和キリン株式会社 代表取締役社長 宮本昌志 ※1:この自己適合宣言書は、「ISO/1EC 17050-1:2004(JIS Q 17050-1:2005)適合性評価―供給者適合宣言―第1部:一般要求事項」に基づいて作成しました。 ※2:発行者は適用範囲の各サイトの環境ISO事務局を統括・担当しているCSR推進部です。 ※3:外部認証機関によるIS014001:2015、JIS Q 14001:2015認証から自己適合宣言型へ移行し、IS014001:2015、JIS Q 14001:2015に準拠した統合環境管理マニュアルに従い運用しています。

TCFD提言への対応

キリンホールディングス株式会社は、キリングループとして「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言への賛同を業界に先駆け表明しています。当社グループもTCFD提言に沿った情報開示に向け取り組んでいます。低炭素社会への移行、あるいは気候変動の進行が弊社のビジネスに影響を与える経路は様々であり、多くの要素が複雑に関係しているため、これらの関係を整理し、気候関連リスクと機会の評価、並びにキードライバー(不確実性が高く、かつビジネスパフォーマンスに決定的な影響を与える可能性のある要因)を特定しました。今後これらのキードライバーに対し、シナリオ分析を実施しシナリオごとのビジネスインパクトを定量化すると共に、ビジネスインパクトに対する対応方針やその戦略のレジリエンスを検討し、これらの結果を順次情報開示していきます。

水リスクへの対応

協和キリングループでは、国内外の各生産事業場(5事業場)における水使用実態、水リスク評価ツール(WRI AqueductおよびWWF Water Risk Filter)並びにインターネット調査及びアンケート調査に基づく、水リスク評価(水不足・水ストレス、洪水、水源の水質汚濁)を実施し、生産事業場ごとの水リスクを5段階で評価しています。その結果、宇部工場(山口県)、並びに協和麒麟(中国)製薬有限公司(上海)で、他の生産事業場と比較してリスクが高いことが判明(5段階評価で4)しました。宇部工場では取水している厚東川において渇水が頻発していること、工場が立地する宇部市が作成したハザードマップで高潮により最大5mの浸水が予想されていること、また、協和麒麟(中国)製薬有限公司では、工場が立地している上海における水不足リスクに加え、インフラが弱く洪水リスクも高いことなどがその理由として挙げられました。なお水不足・水ストレスが高いと判定されたこれら事業場における2019年度の取水量は101千トンであり、これは協和キリングループの総取水量2,229千トンの約4.5%に相当しています。ただし、これらの事業場では、事業に必要な良質な淡水を持続可能な状態で取水しており、水不足・水ストレスによる事業活動への影響は受けてはいません。評価結果に応じた対応を進めています。

  • 水リスク評価結果

この表はスクロールしてご覧いただけます

事業所名水不足・
水ストレス
洪水水源の
水質汚濁
総合リスク
高崎工場LowLowVery LowLow
富士事業場MediumVery LowVery LowLow
宇部工場HighHighVery LowHigh
協和麒麟(中国)製薬有限公司HighHighLowHigh
協和医療開発㈱LowLowVery LowLow

評価指標:Very High, High, Medium, Low, Very Low

環境安全監査

協和キリングループでは、環境マネジメントシステムがきちんと機能し、運用されているかどうかをチェックするため、毎年、環境安全監査を実施しています。2019年度、環境安全監査を行った会社数は、4社・18拠点でした。環境に関連して罰則を受ける法令違反および環境事故はありませんでした。指摘事項については、根本原因を探り、仕組みの改善などにより、事故・災害やコンプライアンス違反の未然防止につなげています。

第三者保証

協和キリングループが所属するキリングループは、情報の信頼性・透明性の確保を目的とした第三者による保証を受けています。2019年度、当社グループを含むキリングループ全体のScope1、Scope2の排出量について、第三者保証を取得しています。

  • KPMGあずさサステナビリティ株式会社による、国際保証業務基準(ISAE) 3000、ISAE3410に準拠した第三者の保証を受けています。

社外からの評価

日本経済新聞社が企業の環境経営を総合的に評価することを目的に毎年実施している「第22回環境経営度調査(2019年5月26日 日本経済新聞社掲載)」において、協和キリンは製造業で71位(全360社中)でした。医薬品業界では3位(全22社中)の評価をいただいています。

なお、キリンホールディングス株式会社は、当社を含むキリングループ全体の水資源の保全に関する取り組みが高く評価され、環境情報開示システムを提供する国際的な非営利団体のCDPにより、ウォーターセキュリティで2016年から4年連続で、気候変動では2014年から2017年及び2019年に、それぞれ「Aリスト」企業に認定されています。

トップへ戻る